カテゴリ:novel( 24 )

文学

毎回、見てるわけじゃないんだけど、
時々チャンネル変えてる時に見るNHK教育の「J 文学」という番組。結構、楽しい。
といっても、私は最近の小説しか読まないですけどね。
今日も、家でゴロゴロ過ごしていたら、放送されてたんだけど。

その中で、最近は、本を読む人が少ないとか。。。

そうなのか?

私の周りは本読む人多いし、むしろ増えてる感があり、人気なのかと思ってたー!
自分も好きだし、好きな小説家の本の発売情報とかは欠かさずチェックしてるせいもあるけど、
色んな情報が流れてくる気がする。
最近は、また電子書籍も話題だしね。
だから、本を読む人が少ないなんて考えてもみなかったよ。
自分や自分の周りの動きを中心に世の中をみてもいけないのだね。

で、今日の番組見てたら、神保町に行きたくなった!近々、行こう。
実は、古本屋がいっぱいとは聞くけど、行ったことないのです。楽しそうだな。
でも、私の好きな作家さんだと、普通の本屋さんで事足りてるのだよね(笑)

そして、今日本屋に行ったので、買おうと思ってた本をごっそり買ってきた。
f0078875_2441336.jpg

また、積読本が増えたー!
読もー。( ̄▽ ̄)
[PR]
by tournesol-fleurit | 2010-12-12 02:26 | novel

「ドミノ」

ちょっと前に読んだ恩田陸さんの「ドミノ」の感想。

今まで読んだことのない位、登場人物の非常に多い作品でした。
こんなに登場人物がいて、自分が混乱しないかが初めとても心配でしたが、全く不要な心配でした。

初めは全く関わりのないように見える27人と1匹の登場人物のそれぞれのストーリーが次第に絡み始め、最後にはどうなるの?とドキドキしながら、ページをめくる手が止まらなかった。
最後は、見事に着地!と言った印象です。
他人のストーリーがまさかの絡みを見せて、面白い結末でした。

ずっと、気にはなっていましたが、恩田陸さんの本を読んだのは、実は初めてでした。
他のも色々と読んでみたくなりました。

昨日、本棚を物色していたら、読んでいないのがかなり貯まってました(笑)
恩田陸さんのも、もちろんある。
読むぞ!

そして、衝撃的な事実も…。
一昨日買った本、実は前にも買って我が家にありました(-"-;)
まだ読んでなかったから仕方ないけど、まだ買ってない自信があって買ってきたのに…。
ちょっとショックです。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2009-09-25 21:57 | novel

「さよならバースディ」

久々に、小説の感想です。

友人が好きだという、荻原浩さん。
別の作品を勧められたんだけど、本屋をふらついていたら気になったこの本。

「さよならバースディ」

*** ↓ 背表紙のストーリーを簡単に要約してみると・・・ ***

言語習得実験を猿(ボノボ)のバースディに行っている霊長類研究センター。
プロジェクトの創始者安達教授が1年前に自殺。
そして、プロジェクトを引き継いだ真と由紀。
しかし、真が由紀にプロポーズした夜、由紀が自殺。
その瞬間を目撃したバースディから、真相を聞きだそうとする真。
そして、明らかになる真相は?

****************************


切ない物語です。
正直、久々に本を読みながら泣きました。
バスに乗っていたのに・・・。
といっても、泣き上戸の私なんで(笑)
普通の人は泣かないかもしれませんが。泣きたい泣き上戸の方にはおススメの一冊です。

真の純粋な愛に胸を撃たれる作品です。
真相の紐解かれかたも、また面白い。
あまりにシンプルな言葉の一言一言がずっしり重く伝わってきます。
バースディの仕草などの描写も繊細で、読んでいて思わず微笑んでしまうシーンもたくさん。

また、本をたくさん読んでしまいそうな気配です。
今日も・・・また買ってしまった(笑)
そういえば、本棚にまだ仕舞いきれていないんでした。。。
ということで・・・、読書の夏になりそうですよー。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2009-08-10 23:11 | novel

「美しき凶器」

東野圭吾さんの「美しき凶器」。

どういう意味の題名なんだろう?
と思ったら、凶器は女性のことでしたね。

過去のドーピングの事実を隠そうとしていたところ、
誤って新たな過ちを犯してしまった元スポーツ選手たち。
彼らを追って、毒グモのようにせまりくる「怪物」。
(美しき凶器の凶器はこの「怪物」=女性のことなんだと思うのだけど。)

途中で、珍しく「あれ?」と結末につながる異変に気づいてしまいましたが、やはり面白かった。

最後に、殺人鬼となった「怪物」の女性としての悲しく切ない心理が描かれているなと思います。

すごい、意味の分からない感想だね(笑)
でも、ネタバレはするつもりないのでね。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-12-10 23:46 | novel

「誰か ~somebody~」

宮部みゆきさんの「誰か ~somebody~」を読みました。
これまた、不思議なタッチのストーリーですね。

穏やかにストーリーが進んで行く中で、変なとこから変な展開に(笑)
あ!そこ!?そっちに行くの?ってな感じでした。

自転車による交通事故の犯人に、自首を訴える為、
交通事故で亡くなった父の伝記を書きたいという娘たちからの依頼で話が始まる。
主人公の穏やかな感じと、まったく想像もしないストーリーの展開。

最後は、ちょっと悲しい終わり方ですが、主人公の穏やかな感じが和ませてくれる、
そんな感じがします。

いつもの宮部みゆきさんの感じともちょっと違っていますが、
これはこれでなかなか面白いかな。。。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-12-09 23:07 | novel

「犯人のいない殺人の夜」

東野圭吾さんの「犯人のいない殺人の夜」を読んだ。

これは、短編集です。
東野さんの面白い裏切りがいっぱい(笑)
実際には、誰も手を汚してないけど、人が死んでしまったり。。。
想像もつかない結末が待っている作品ばかりです。
うん、よくこれだけ考えられるなぁ。
短編集ってあんまり好きじゃないと思ってたけど、最近は結構好きになったかも。
これもほんとに面白かったです!

それにしても…東野作品は、今すごい人気ですねぇ。
人気ランキングの上位にたくさん入ってますよね~。
でも、確かに面白いからね~。
周りにも気づいてみたら、東野ファンがいっぱいいました。

ずいぶん前から東野作品は読んでるけど、時々ぱったり本を読まなくなるからか、
まだまだ読んでない東野作品がいっぱいあります。
そして、そんなこんなしてるうちにまた新しい作品が出てきてるので、
当分は楽しめますね!

今出てる単行本も早く文庫化されないかなぁ。。。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-12-08 23:59 | novel

「さまよう刃」

ここから、小説感想記事をまとめて…最近、また読書ブーム。
次から次へと読み進めております043.gif

東野圭吾さんの「さまよう刃」を読みました。

最初は、ちょっと…読みづらかったですね(><)
ストーリーの発端が、強姦→殺人なんですよね。
あんまり読んでても気分はよくないです。
初めて、読むのを途中でやめようかと思いました。

…が、読み続けて良かった。
途中から、引き込まれていきました。
被害者の父が加害者の少年達を追って、殺人を犯し…
犯人を追っていくというストーリー。
少年犯罪についても考えさせられるし、親の愛を感じる作品です。
自分や自分の周りの人が犯罪に巻き込まれたら…きっとこういう心境になってしまうのかもしれないとも思いました。

最後まで、いつもの東野圭吾さんの裏切りがないな~と思ったら、
やっぱり…最後に用意してますね。

うん、でも最初が読みづらいので、もう読み返すことは…ないかも!?
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-12-07 23:24 | novel

「卒業」

東野圭吾さんの「卒業 雪月花殺人ゲーム」を読みました。
ずっとお友達に借りてまして・・・(笑)
3年くらい借りてる気もしてきた。。。
f0078875_034485.jpg

切ないストーリーです。
「青春」って感じです。

何でも分かっているのが友達のようでもあり、実は何も分かってないのかもしれない。
そうなのかもしれないです。
学生時代は色んなことを一緒にやって、友達のこと色々わかってるつもりでも、
実はどこまでわかってるんだろう?って、考えてしまいました。

誰が悪いわけでもないのに、とても切ないストーリーでした。

しかし!!!東野さん!
難しすぎです。。。。
途中から、頭が混乱してきましたよ。
最後は、軽くトリックの読み解きを放棄しました(笑)
一生懸命読んだんですけどね、東野さんの頭はいったいどのような構造なんだ!?
不思議でなりませんね。

それにしても、今は読みたい本がたくさんです!
文庫化されてないのも沢山出ていて、しかもドラマで「流星の絆」をやってるから、
本屋に行っても東野作品は、最前列に並んでるんですよね。
気になって仕方ないけど、単行本買ったら、置く場所に困るからとにかく我慢です。
早く文庫化して欲しい。
そして、文庫化の前に映像化するのはやめて(><)
おかげでドラマ「流星の絆」は見てませんよ。残念ながら。。。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-11-09 23:31 | novel

「グラスホッパー」

f0078875_1915846.jpg

伊坂幸太郎氏の「グラスホッパー」を読んだよ。

不思議な話だった。
3種類の殺し屋が出てくるお話・・・。
殺人ものはあんまり好きじゃないんだけど、これは面白かった!
小説を読むと、わりとその世界に入り込んでしまうんで、面白い話ほど現実に意識を戻すのが大変。
ただ、通勤の電車の時間が15分になった今、なかなか読み進まないんだけど。
それでも、その行き帰りの15分で4日で読み終わってしまったよ。
ぐんぐん小説の世界の中に引き込まれていく感じです。

最後に、ちょっとジーンときました。
「僕は君のために結構頑張ってるんじゃないかな」という、登場人物の妻への愛情に感動です。
(読んでない人にはちょっと意味が分からないかもしれませんが、ネタばれはするつもりないので。)
最後のバイキングのシーンで、想定外に泣いてしまいました。。。
他にも借りている本があるので、伊坂幸太郎さん要注意です(笑)

最近、また小説を読むのが楽しいです。
じっくり本を読むために、やっぱりソファが欲しいのと・・・
本棚をいい加減買いたいな。
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-10-30 19:00 | novel

「容疑者Xの献身」

えー、映画の方ではありません。
やっと、本の方を読みました。

買っても良かったんだけど、友達が買ったってことだったので、借りることにしました。
映画を観る前に読みたいので、さっそく読んでみた。
早かったね(笑)
約2日。てか、ほぼ1日で読みきってしまいましたよ。
久々に、本に集中したなぁ。

んー、加賀(ガリレオ)シリーズは、そんなに好きじゃないんだけど、
結構面白かったかな。
短編じゃないからかもしれないけど。。。
ま、それ以外のが、私は好きだな~という感想です。

東野さんの、裏切りはもちろん顕在。
最後に…え?そういうこと???って感じですね。
切ない物語です。

この勢いにのって、借りてる本を色々読むぞ♪
[PR]
by tournesol-fleurit | 2008-10-18 23:54 | novel


愛犬のこと・旅行のことを写真で綴りたいと思っています。


by ひろりん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
diary
travel
dog
music
photos
movie
soccer
novel
diet
baton
Sax
gourmet
未分類

リンク

TERU'S LIVING
かわいい毎日。

ゆずオフィシャルHP
shunsuke.com
横浜F・マリノス


**********

記事に関係のないコメントについては、予告なく削除させて頂くことがあります。
ご了承下さい。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ 
にほんブログ村

写真素材 PIXTA

お気に入りブログ

カメラ日和編集部日記 “...
パリときどきバブー  f...
一日一膳
うすっぺら日記♪
はるのはる色日記
施基彩々
enjoy! photo...
イエノオト
** mana's K...
ふんわり杏仁ぉ豆腐
お家カフェごっこ nic...
虹のいろ
 **ゆずのほっぺ**
su・te・ki Seoul
おひとりさまの食卓plus
片付けたくなる部屋づくり
el cielo azul
LIFE+
su・te・ki world
夢のスミカ
IEbiyori
SUOMI
かわいい毎日

以前の記事

2013年 01月
2012年 12月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
more...

検索

タグ

(149)
(54)
(35)
(35)
(27)
(24)
(19)
(16)
(16)
(12)
(10)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

けやき坂
at 2013-01-08 00:00
巻きつかれて
at 2013-01-07 00:00
雪?
at 2013-01-06 00:00
反射
at 2013-01-05 00:00
イルミネーションと
at 2013-01-04 00:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧